駒形こどもの森

基本方針

駒形会の理念
駒形会は
こどもの杜に関わるすべての人々の現在(いま)を支え
こどもが幸せになる地域社会を創ります

教育保育の理念
私達は
駒形こどもの杜の豊かな自然と大きなお家の中で
こども一人ひとりの心情に精一杯寄り添い
園生活の主人公として自ら意欲を持って過ごすように援助します
そして
一人ひとりのこどもが満足する「遊び」と
「人間の基本的な暮らし方の基礎を培うこと」を教育・保育の基本とします
“私は私 でも私はみんなの中の私” を享受するこどもの育成に努めます
教育保育の方針(愛情と自然と文化に共生)
応答的で受容的な深い愛情と神宿る自然とこどもらしい文化がある中で希望と意欲を持って今を良く生き、これからもより良く生きる力の基礎を培う。
“はじめにこどもありき”を大前提とし、園を施設としてとらえるのではなく、こども主体の大きなお家としてとらえ、園舎の温かさと家族のぬくもりが伝わるように園舎と園庭と人間関係の融合化に努める。
樹木の木陰があり、随所に草花があり、センスある感覚で園舎内外の雰囲気を保育者とこどもが一緒に整えてホッとする居場所を創る。
風土を大切にする教育保育を通じて地域固有の祭りや行事に参加して神道精神の祈りを体験する。
当園園児の保護者や地域における子育て家庭への子育て支援を行う。
クラス名

教育・保育の目標
安全で快適な環境の中で一人ひとりの生活リズムを大切にし、気持ちよく過ごせるようにする。
保育者との遊びの場面で共感をたくさん持つことで、より深い信頼関係を築く。
身近な大人に甘え、気持ちを休めながら様々な経験を通して、自立心を高め集団生活を楽しめるようにする。。
健康、安全で幸福な生活の為に必要な基本的習慣を養い、身体機能の調和的発達を図る。
集団生活を通じて、喜んでこれに参加する態度を養うとともに、家族や身近な人への信頼感を深め、自主、自立及び協同の精神並びに規範意識の芽生えを養う。
身近な社会生活、生命及び自然に対する興味を養い、それらに対する正しい理解と態度及び思考力の芽生えを養う。
日常の会話や絵本、童話等に親しむことを通じて、言葉の使い方を正しく導くとともに、相手の話を理解しようとする態度を養う。
音楽、身体による表現、造形等に親しむことを通じて豊かな感性と表現力の芽生えを養う。
保育・教育テーマについて